ネイルを【簡単】に落とす方法

マニキュアを落とす方法

マニキュアを落とすとき、やりがちなのが、顔に使うようなコットンに少量の除光液を含ませて、ゴシゴシと落とす方法です。

これは爪を傷める可能性もあります。

まず、コットンに除光液を含ませるときはややたっぷりめに染み込ませます。

除光液が滴り落ちるほどはいらないですが、ちょこっと付けるだけでは、なかなかマニキュアを落とすことはできません。

たっぷりと使い、何秒か爪の上に置いて、マニキュアを溶かす時間を与えます。

それから、スっと拭き取ると、嘘のように綺麗に落ちています。

ラメなど取れにくいマニキュアの場合は、コットンを爪の大きさくらいに小さく切り、除光液をヒタヒタに染みこませて、爪の上に数秒置いておきましょう。

除光液自体は、正しく使えば、それほど爪にダメージを与えるものではないのですが、揮発性が高く、使った直後は爪は水分を取られて、すごく乾燥しています。

できるだけ早く保湿してあげるようにしましょう。

私の場合は、マニキュアを落としたら、すぐに手を洗い、保湿力の高いクリームを爪の周りに塗ってマッサージして、一晩はそのままにしておきます。

そして翌日マニキュアを付けるというような感じにしています。

除光液のあと、クリームやオイルを使ったあと、すぐにマニキュアを使うと、はがれやすくなったりするので、すぐにマニキュアを塗る場合は、オイルなどは最後に使いましょう。

クリームなどをつけてマッサージなどをしてから、マニキュアをしたい場合は、プレプライマー>>といった、オイル分を取り除くようなものを使ってからマニキュアをすると、もちが良くなります。

この場合も、最後にはオイルなどで保湿しましょう。

 

ジェルを落とす方法

ジェルを落とすには、アセトンという溶剤を使います。

ジェルネイルを何度かやってもらったことがあるという方はわかると思いますが、爪を覆うくらいの小さくカットしたコットンにアセトンを染みこませ、ジェルの付いた爪に置いて、上からアルミホイルで指先を巻き、溶けるまで時間を置きます。

溶けてはがれやすくなったジェルは、ネイル用のウッドスティックなどでやさしく剥がします。

剥がしたあとは、バッファーなどをかけて、表面をなめらかにしましょう。

アセトンで溶かす前に、表面をファイルなどで削っておきます。

ファイルをかけるときは、自爪を削らないように気をつけましょう。

アセトンは引火性があり、揮発しやすく、一般の人は扱いにくい物です。

ジェルによっては溶かすことができないものもあります。

爪が薄くなれば、痛くなったりすることもあります。

日常生活に差し支えることもあるので、できるだけプロにやってもらうようにしましょう。

爪ってそもそも何?【簡単に説明】

現代の女性においては、華やかに飾ることでファッションの一部になっている爪ですが、なんでこんなところにこんなものが付いてるの?って思ったことはありますか?

ないですかね?(^-^;

もともとはこれは鱗から派生したものらしいです。

表皮の角質が変化して硬化したものです。

ものを掴んだり、操作したり、相手の攻撃や防御などに役立っています。

皮膚が変化したものなので、たんぱく質からできています。

同じたんぱく質なのに硬いのは、たんぱく質が角質化という変化によりαーケラチンという硬い繊維たんぱく質になっているんです。

そのたんぱく質を構成しているアミノ酸の含有割合が少し違うことと、水分も少ないことなどが皮膚と違うところです。

爪はマトリクス(爪母)と呼ばれる部分で作られています。

作られると甘皮の下を通って、押し出されるように前方に伸びます。

爪は爪床と呼ばれる指先の表皮の組織としっかりと密着しています。

これによって、水分が補給されたり、硬くても柔軟性があります。

爪には血管がないので無色ですが、血液が流れている爪床の色が透けていて、爪はピンク色に見えます。

また、爪は3つの層になっています。

一番表面が暑い縦状の繊維質で、2枚目が横状の繊維質、一番下の層は、薄いですが縦状繊維質です。

2枚目が横状の繊維質になっているので、縦に割れるということはめったにないです。

爪が爪母で作られたばかりのころは、まだ柔らかくて爪として機能できるものではないです。

ハーフムーン(爪半月)と呼ばれる、爪の根元にある白い部分がこの柔らかい爪です。

ここは、強く押したりしないようにしましょう。

爪は、1日だいたい0.1mm伸びると言われています。

この速さは性別や年齢など様々な条件により違いがあり、年を取っている人よりは若い人、女性より男性、冬よりも夏の方が、少しだけ伸びるのが速いみたいです。

足の爪もありますが、足の爪よりは手の方が速く伸びます。

同じ手の中でも、中指が一番速く伸びるらしいですよ。

どうですか?「知らなかった!」「意外!」ということもあったのでは?

爪のことをより詳しく知ることで、綺麗な爪を作るヒントなるといいですね。

爪の縦筋(爪に縦に線が入る)【簡単に治る?】

爪に縦に、シワのような線が入るときがあります。

1本だけじゃなく、波々と何本も入っていることも。

よく、おばあちゃんの爪にこういう爪を見たことがありませんか?

表面は触ってもデコボコしています。

この原因は、老化もありますが、乾燥もかなり関わっています。

食器や掃除など洗剤を使ったり、お湯を使うことも多いので、どうしても手は乾燥します。

ハンドクリームだけでは、指先、爪まではなかなか保湿できません。

この爪の縦線を治す方法ですが、私が実際に実践して成功した方法なので、気になっている方はぜひやってみてください。

まず、自爪の表面を整えるバッファー(爪磨き)などで、表面を整えます。

溝が深い場合は、なかなかツルツルにならないと思いますが、あまりやりすぎると爪が薄くなるので、ほどほどにやりましょう。

そして、仕上げにネイルオイルを塗ります。

ネイルオイルは、爪の付け根の半月状の白い部分が見えるところの皮膚のあたりにまず置きます。

そして、爪の周り全体に広げて、ごくやさしくマッサージします。

くるくると回すようにマッサージするといいですね。

このネイルオイルを付けるのは毎日やりましょう。

そうしたら、爪がだんだん平らになり、つるっとしてきますよ。

私の母が、何年も縦線がすごくて、マニキュアを塗っても全然映えないし、はがれやすくて可愛そうでした。

原因は乾燥とわかっていたので、半信半疑でこの方法を勧めたら、本当にびっくりするほど治って、ツルツルになっていたので、私も驚きました。

爪磨きは、最初は線が気になったとしても、せいぜい2週間に1度くらいに留めておきましょう。

また、ネイルオイルは普通のサラッとした普通のオイルでもいいのですが、縦線を取るのを成功させるためにはおすすめしたいオイルがあります。

それは

jessica

ジェシカ ナリッシュ>>

です。

これはピンク色の独特の匂いのするネイルクリーム。

結構匂いが嫌いという人もいるんですが、「ラノリン」というオイルが入っていて、これは、羊毛からとれる脂です。

濃厚なテクスチャーで、保湿力も高いです。

私はネイルオイルといったらコレだけ。

他の物はあまり信用していません。

母の時も、これを毎日付けてもらいました。

少量でよいのでコスパもいいのでおすすめです。

アレルギーのある人は買うとき気をつけてくださいね!

甘皮を整える【簡単】な方法

ネイルサロンに行ってネイルケアをしてもらうと、自爪がどんどんきれいになっていきます。

どうしても、目先のキラキラに目が行きがちで、ジェルをやってもらったりするほうが多いと思うんですが、こつこつケアをしていくことで、自分の爪が見違えるようにきれいになる・・・

それも、女性として大きな喜びですよね。

ネイルケアは、一度行っただけでは、なかなかすごい!というところまでの変化は難しいと思うので、続けるという方はとても少ない気がします。

お金もそれなりに取られるので、ここは、自分でやってみるというのはいかがでしょうか。

できれば1週間に1回、少なくても2週間に1回くらいやってみましょう。

今回は甘皮を整える方法ですので、揃える道具は2つ。

ひとつめは、指をぬるま湯に付けるためのフィンガーボウル

このようなものですね→フィンガーボウル

これはネイル専用のものですが、指先の皮を柔らかくするために浸すので、どんなものでも大丈夫です。

百均などにある小さなボウルや、深めのお皿とかで大丈夫です。

もうひとつは、ガーゼ。

これは、ハンカチや、薬局で売っているものなど、どんなものでもOK。

では、甘皮を綺麗に整える方法を書いていきます。

1.フィンガーボウルにぬるま湯を入れて、指を浸します。

2.浸した手と反対の手の親指にガーゼを巻きつけ、先を濡らします。

DSCN3478-2

3.ガーゼを巻いて濡らした親指で、お湯に浸して柔らかくなった爪の甘皮を優しく押していきます。

押し方はこんな感じ

DSCN2533-2

爪に軽くガーゼの指を乗せたら、甘皮の方向に円を描くようにクルクルと動かしながら押します。

回しながら、爪に沿って、左から右・・・と異様な感じに押していくんですね。

回しながら、奥に行く時に軽く押すという感じです。

決して、グイグイと押してはいけません。

この時、写真で、甘皮の下に白く見えている部分がありますが、この白く見えているルーススキンというものを取って行きます。

ルーススキンは、お湯に浸すと柔らかくなって、ガーゼで簡単に取れるようになります。

これで、甘皮のお手入れは終わりです。

ぬるま湯に浸す時、キューティクル ソフナーを使うと、さらに甘皮が柔らかくなり、押しやすくなります。

そして、終わったら、ネイルオイルを使ってあげると、さらに綺麗への近道になります。

甘皮は、爪の根元に雑菌などが入らないように保護しているものです。

傷つけてしまったりすると、大変なトラブルになる可能性もあるので、優しくやりましょう。

甘皮はよほど伸びている場合以外は切りません。

ただ、さかむけや小爪などは、引っ張ったりすると痛くなったりするので、そういう場合は、キューティクルニッパーで切ってあげます。

どうでしたか?意外と簡単ですよね。

爪のお手入れをすれば、頭もスッキリしてきます。

爪の付け根にオイルを付けるだけでも、甘皮付近は綺麗になってくるし、オイルを付けて、かるーくマッサージしてもいいですね。

是非お試し下さい。

ネイリストを目指してみる?【簡単に説明】

ネイルサロンで施術をしてもらっているうちに、私もネイリストになりたいな・・・なんて思った方も多いと思います。

最近は、男性のネイリストも増えてきていますが、まだまだ女性が主の職業ですよね。

私もそうでしたが、普通の事務をやっていて、これって誰でもできることだよな・・・とか、いつかはやめろと言われるんだろうなとか、女性なら、なんとなく仕事についてこういう不安みたいなものを感じたことがあると思います。

今時、肩たたきなんてないのかもしれませんが、結婚したり、ある程度の年齢になったら、よほど専門的な仕事でない限り、会社からは辞めてほしいというようなことを言われた時代もありました。

そんななかで、ちゃんとした仕事をしたいと思っている女性は、女性にしかできないような仕事って何かなぁとか考えたりすることもあると思います。

ネイリストは、女性が多いですし、やはり女性だからこそわかるというような部分も多いと思います。

また、開業して一人でもできるかもしれないというようなこともあるので、憧れる人も多いです。

 

私は実際に検定の1級を持っています。

ネイルの学校に通い、1級に関しては、1度落ちて、2回目で合格しました。

会場は今ほどなく、モデルの旅費を持つなど、なかなか過酷な試験でした。

同じネイルの学校に通っていたお友達の中には、マンションの1室を借りて、サロンを開いていた人も居ました。

ネイリストになるには、1級を取らなければならないのかといえば、実は全く資格は必要ありません。

就職する場合は、2級以上保持者・・・といった条件はあるかもしれませんが、自分でお店を開くためには、資格はなくても大丈夫です。

ですが、普通は、ネイルの学校に通い、卒業して、就職を斡旋してもらうというようなことが多いみたいですね。

私は、卒業した段階では、就職していたのですが、サロンへの転職を勧められました。

結局私はネイリストになることはなかったのですが、何故しなかったのかは次回お話しようと思います。

けっこう大事なネイルオイル【簡単ケア】

ジェルネイルを連続で付けていると、爪の周りが乾燥してきたりしてカサカサになってきます。

せっかく爪が綺麗でも周りの皮膚がカサカサしていたら、魅力は半減してしまいます。

ジェルをつけていると乾燥するという意味ではないのですが、ネイルケアをしてカラーをしてもらうような施術よりは、簡単なケアをしてジェルを乗せ続けていると、どうしても指先が乾燥してしまうことが多いです。

手を洗ったり、洗剤を使ったりするなど、手はほかの部分よりも、皮脂を洗い流してしまうことが多いので、カサつきやすい部分です。

ハンドクリームのお手入れはきちんとしていても、指先の乾燥まではなかなか効果が及ばないことも。

足の爪もそうですが、こんな時は、オイルをきちんと付けてあげることで、劇的に肌が違ってくるので、ちょっと面倒ですが、おすすめです。

ネイルオイルは、キューティクルオイルともいい、ホホバ油やヤシ油に、ビタミンやミネラルを加えているものが多いです。

とくに、香りのついているものが多く、自分の好きな香りから選べるので楽しいですよね。

ビンにお花が入っていたり、オーラソーマボトルのように2層になっているものもあって、見た目もとても可愛いです。

IMG_6918

付け方はとても簡単で、ボトルはマニキュアのようになっているので、蓋についているブラシで爪の周りに塗るだけ。

あまり塗りすぎるとベタベタになりますのでご注意を。

ブラシをビンの口の部分でしごいてから付けるくらいで十分です。

軽く肌にすりこんだら、余分な油分はティッシュで拭いても大丈夫です。

これで、見違える程爪の周りが綺麗になりますよ。

ネイルオイルはペン型のものもあり、これは持ち歩きにも便利です。

ネイルオイル ペンタイプ

1,000円ジェルネイル

グラデーションネイルが1,000円でできるサロンをご存知ですか?

私は行ったことがないのですが、お友達が通っています。

もちろん、いろんなメニューがあり、様々なアートが楽しめるんですが、限定の色でグラデーションという決まりの中だったら、掛かる費用は1,000円でOK。

ネイルやりたいけど、あまりお金をかけられない、ジェルをやってみたいけど、自分に合っているかわからないから、お試ししてみたいという方にはぴったりだと思います。

ジェルネイルの予算は、だいたい10,000万円前後。

もっとも、値段はデザインによるところが大きくて、一概には言えないのですが、だいたい10,000万円くらいあれば、なんとなく自分がこんな感じにしてもらいたいというような願望が叶うのではないでしょうか。

デパート等に入っている予約制のサロンだと、10,000万円強ほど、ショッピングモール等に入っている、利用しやすいところだと、10,000円弱くらい。

1階ではない、マンション等に入っている個人経営のサロンだと、7,000円前後でやってくれるところも。

また、デパート等に入っているサロンでも、決まったデザインのものだと、5,000円くらいからできるものもあります。

ネイルサロンは、一時期よりも値段が安くなっているので、気軽に楽しめるようになっていますが、それでも、だんだんこんなふうにしたいという欲が出てくるので、お好みでやってもらうと、割高になってきます。

そう考えると、1,000円で楽しめるのはすごいです。

全国にあるので、ご自分の街にあるかどうか探してみてはいかがですか?

ティーエヌ

持っていると便利なネイル用品【簡単ケア】

爪を伸ばしている人には絶対持っていて欲しいものの1つがネイルグルー。

持っている人も多いと思うのですが、ネイルグルーはネイル用の接着剤のようなもので、爪と爪をくっつけたりするために使います。

グルーの用途は幅広いのですが、私が使っているのは、ほとんどが亀裂の仮止めです。

とくに、爪が層と層の間で割れている場合には、(ちょっと分かりにくい表現でごめんなさい。爪は3層になっているため、たまに両側にそれぞれの層をのこしたま割れる時があります)グルーで貼り付けると、亀裂が入っていることもわからなくなるくらいピッタリと修復出来る時があります。

グルーは、他のものを用いて、亀裂の修復や、欠けた爪の先出しにも活躍するような道具です。

アレルギー性が低いので、ネイリストはちょっとした傷にも付けてしまったりすることもあります。

傷口を塞いでしまうので痛みを感じなくなりますし、絆創膏の煩わしさもないので、案外便利です。

こんな使い方はおすすめしませんが、長い爪の型は、ポーチに1つ入れておくと活躍しますよ。

ただ、瞬間接着剤のように、強力な接着力があるので、取り扱いには注意してください。

私は手とグルーの瓶がガッチリくっついてしまうことがよくあります・・・

ポーチなどで持ち歩く場合は特に気をつけてくださいね。

一度小さなビニール袋に入れてポーチなどに入れておいたほうがいいかもしれないです。

ネイルグルー