ネイリストを目指してみる?

ネイルサロンで施術をしてもらっているうちに、私もネイリストになりたいな・・・なんて思った方も多いと思います。

最近は、男性のネイリストも増えてきていますが、まだまだ女性が主の職業ですよね。

私もそうでしたが、普通の事務をやっていて、これって誰でもできることだよな・・・とか、いつかはやめろと言われるんだろうなとか、女性なら、なんとなく仕事についてこういう不安みたいなものを感じたことがあると思います。

今時、肩たたきなんてないのかもしれませんが、結婚したり、ある程度の年齢になったら、よほど専門的な仕事でない限り、会社からは辞めてほしいというようなことを言われた時代もありました。

そんななかで、ちゃんとした仕事をしたいと思っている女性は、女性にしかできないような仕事って何かなぁとか考えたりすることもあると思います。

ネイリストは、女性が多いですし、やはり女性だからこそわかるというような部分も多いと思います。

また、開業して一人でもできるかもしれないというようなこともあるので、憧れる人も多いです。

 

私は実際に検定の1級を持っています。

ネイルの学校に通い、1級に関しては、1度落ちて、2回目で合格しました。

会場は今ほどなく、モデルの旅費を持つなど、なかなか過酷な試験でした。

同じネイルの学校に通っていたお友達の中には、マンションの1室を借りて、サロンを開いていた人も居ました。

 

ネイリストになるには、1級を取らなければならないのかといえば、実は全く資格は必要ありません。

就職する場合は、2級以上保持者・・・といった条件はあるかもしれませんが、自分でお店を開くためには、資格はなくても大丈夫です。

ですが、普通は、ネイルの学校に通い、卒業して、就職を斡旋してもらうというようなことが多いみたいですね。

私は、卒業した段階では、就職していたのですが、サロンへの転職を勧められました。

結局私はネイリストになることはなかったのですが、何故しなかったのかは次回お話しようと思います。