けっこう大事なネイルオイル。

ジェルネイルを連続で付けていると、爪の周りが乾燥してきたりしてカサカサになってきます。

せっかく爪が綺麗でも周りの皮膚がカサカサしていたら、魅力は半減してしまいます。

ジェルをつけていると乾燥するという意味ではないのですが、ネイルケアをしてカラーをしてもらうような施術よりは、簡単なケアをしてジェルを乗せ続けていると、どうしても指先が乾燥してしまうことが多いです。

手を洗ったり、洗剤を使ったりするなど、手はほかの部分よりも、皮脂を洗い流してしまうことが多いので、カサつきやすい部分です。

ハンドクリームのお手入れはきちんとしていても、指先の乾燥まではなかなか効果が及ばないことも。

足の爪もそうですが、こんな時は、オイルをきちんと付けてあげることで、劇的に肌が違ってくるので、ちょっと面倒ですが、おすすめです。

ネイルオイルは、キューティクルオイルともいい、ホホバ油やヤシ油に、ビタミンやミネラルを加えているものが多いです。

とくに、香りのついているものが多く、自分の好きな香りから選べるので楽しいですよね。

ビンにお花が入っていたり、オーラソーマボトルのように2層になっているものもあって、見た目もとても可愛いです。

IMG_6918

付け方はとても簡単で、ボトルはマニキュアのようになっているので、蓋についているブラシで爪の周りに塗るだけ。

あまり塗りすぎるとベタベタになりますのでご注意を。

ブラシをビンの口の部分でしごいてから付けるくらいで十分です。

軽く肌にすりこんだら、余分な油分はティッシュで拭いても大丈夫です。

これで、見違える程爪の周りが綺麗になりますよ。

ネイルオイルはペン型のものもあり、これは持ち歩きにも便利です。

ネイルオイル ペンタイプ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です