ネイルを【簡単】に落とす方法

マニキュアを落とす方法

マニキュアを落とすとき、やりがちなのが、顔に使うようなコットンに少量の除光液を含ませて、ゴシゴシと落とす方法です。

これは爪を傷める可能性もあります。

まず、コットンに除光液を含ませるときはややたっぷりめに染み込ませます。

除光液が滴り落ちるほどはいらないですが、ちょこっと付けるだけでは、なかなかマニキュアを落とすことはできません。

たっぷりと使い、何秒か爪の上に置いて、マニキュアを溶かす時間を与えます。

それから、スっと拭き取ると、嘘のように綺麗に落ちています。

ラメなど取れにくいマニキュアの場合は、コットンを爪の大きさくらいに小さく切り、除光液をヒタヒタに染みこませて、爪の上に数秒置いておきましょう。

除光液自体は、正しく使えば、それほど爪にダメージを与えるものではないのですが、揮発性が高く、使った直後は爪は水分を取られて、すごく乾燥しています。

できるだけ早く保湿してあげるようにしましょう。

私の場合は、マニキュアを落としたら、すぐに手を洗い、保湿力の高いクリームを爪の周りに塗ってマッサージして、一晩はそのままにしておきます。

そして翌日マニキュアを付けるというような感じにしています。

除光液のあと、クリームやオイルを使ったあと、すぐにマニキュアを使うと、はがれやすくなったりするので、すぐにマニキュアを塗る場合は、オイルなどは最後に使いましょう。

クリームなどをつけてマッサージなどをしてから、マニキュアをしたい場合は、プレプライマー>>といった、オイル分を取り除くようなものを使ってからマニキュアをすると、もちが良くなります。

この場合も、最後にはオイルなどで保湿しましょう。

 

ジェルを落とす方法

ジェルを落とすには、アセトンという溶剤を使います。

ジェルネイルを何度かやってもらったことがあるという方はわかると思いますが、爪を覆うくらいの小さくカットしたコットンにアセトンを染みこませ、ジェルの付いた爪に置いて、上からアルミホイルで指先を巻き、溶けるまで時間を置きます。

溶けてはがれやすくなったジェルは、ネイル用のウッドスティックなどでやさしく剥がします。

剥がしたあとは、バッファーなどをかけて、表面をなめらかにしましょう。

アセトンで溶かす前に、表面をファイルなどで削っておきます。

ファイルをかけるときは、自爪を削らないように気をつけましょう。

アセトンは引火性があり、揮発しやすく、一般の人は扱いにくい物です。

ジェルによっては溶かすことができないものもあります。

爪が薄くなれば、痛くなったりすることもあります。

日常生活に差し支えることもあるので、できるだけプロにやってもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です